モロッコの旅 あれこれ

ガイドブックに載っていない場所やものごと 知って得するかも!何かを探しながら旅している人!モロッコだけだけど、何かがあるかも!

薬物に注意! 最近Chira?なるモノが・・・

コロナの影響がいつごろまで尾を引くかは不明ないま、

ロッコでは薬物が大量発見され、摘発されているとの記事がある。

その中で、chiraなるモノが多く新聞記事をにぎわせている。

自分は原始的なハシシしかわからないので、最近いろんな話で出てくる

chiraなるモノがどのようなものか全く分からない。chiraの情報をネットで

検索してもなかなか近い情報は出てこない!奥が深いかな・・・・・!

chiraは外見を見る限り、ハシシのまがい物なのか?ハシシに化合物を

混ぜたのか、それとも全く違う物質なのか全く分からない。

 

f:id:bun00037:20200610105142p:plain

            LE MATINの記事より 上の写真はchira約800kg

そもそもモロッコではハシシの葉っぱやそれをちょっこと加工するものが

ほとんどだった。それ以上の加工技術もなく、モロッコでは大麻成分を抽出

することすらできなかった。いまでは国際麻薬密売が組織化してきた。

それが、経済発展と共にモロッコにもいろんな薬物が存在し、薬物を

作ることもできるようになったようだ。モロッコ人も薬物を作っている。

逮捕されるモロッコ人は製造した薬物を海の近くのしげみに隠したり、

海沿いの砂漠の砂の中に隠して、ある日、様子をうかがいながら薬物を

船に載せて洋上で闇取引するシステムが出来ていたようだ。これって

数年前に日本でも海岸に数百キロの薬物が漂着したことがニュースに

なったことがあった。モロッコの場合取引市場はたぶん欧州である。

ロッコの海岸でカナリア海流に乗ってそのまま流されたら・・・・?

 

ロッコを旅行中に街中で、薬物の件で少なからず何度か

話しかけられる事がある。雑談に応じるといろいろと話しは聞けるが

話の内容の細かいところまでは理解不可能だ。

その時、買うことはないけどブツを見せてもらうこともある。

これをやってしまうと大変なことになるかも?! かつて一度だけ

私服警察官に職務質問を受けたことがあった。

「あいつからモノを買ったのか?」「何を買った?」「何の話した?」

などなどしつこいくらい聞いてきた。こちらとしては何らやましいことは

ないので堂々としていると次第に私服警察官も離れていった。

 

ロッコの旅の場合、どうしてもハシシの話がついてくることがある。

一般的な観光客が行くような場所ではほとんど問題はないけど、

ちょっと外れたり、怪しい動きをすると話しかけられることがある。

薬物には注意しよう!!

モロッコにいる日本人

このコロナウイルスの影響でどれくらいの日本人がモロッコにいるのか?

大使館員、一部の企業の人たち、モロッコ人と結婚した人たちなどは

ある程度、事態が収束するまではそのままいるのはわかるけど、

旅行中もしくは何かの移動で足止めを食らった人は何人いるか? 

ネット検索すると少なからず数人はいるようだけど確しかではない!?

こんな時に初期の段階で大使館員が走り回ってと言うか電話しまくって

帰国ができる人たちが新聞記事等になっているんだろうけど!

 

1か月以上ホテル生活となるとどうすのだろう?! 

アラビア語しか通じない田舎とかだったら大変だ!

食料はどうなる、病気になったらどうする、深刻な事態にならないとも!

都市間の移動ができないし、飛行機は飛んでいないし、船も出ていないので

出国もできない。

 

ラマダンが明けたのに6月10日まで外出禁止令が延期になるし、

しばらくはモロッコの旅もできないとは実に残念だ!

 

 モロッコの旅をするための新しい情報を流そうかな・・・・・!

 

 

2020 治安 カサブランカ ラバト ほか

ロッコの新聞記事が久しぶりに日本のメディアに載った。

掲載するほどの記事なのか?他に載せる記事がなかったのか?

記事の意図するところが分からないけど記事になっている。

治安? 経済? 雇用? 政策? 階級?・・・・・!

ロッコを旅行する時は下の新聞記事のような隠れたモロッコ社会があることを

多少なりとも知っているといい。日本でも東京の山谷、大阪に西成など、

意味は多少異なるけど、同じような状況がある。

ロッコを観光旅行中に時間があるからと言って下の写真のような場所は

行かないようにしましょう。もしどうしても行くとしたらモロッコ人の知人や

現地に詳しい日本人などと一緒に行くのがいい。公認ガイドは行かないはず。

仮にこんな場所に一人で行ったら、後ろから体格のいいモロッコ人が近づいて来て

何しているかを聞いてくるかもしれない?!この地域を半日以上うろうろしていると

確実に何をしているか聞いてくる。私服警察官の可能性がある。気を付けよう!! 

f:id:bun00037:20200506123548j:plain

                     200506/読売新聞記事より

スラム街は一般的に観光客の行かない場所。

スラム街でうろうろするとモロッコでは良いことはない。

たまたま通り過ぎることはあっても、入りこむことはやめた方がいい。

ロッコ政府としては見てほしくない場所。興味本位で近寄らない方がいい!

 

モロッコの外出禁止とは!

ロッコを旅行したくても都市間の移動ができない。

そもそも、飛行機や船での入国ができない。仮に何かの技を使って入国して、

自転車で移動したとしても、途中の検問でジャンダルメリー(憲兵)に

尋問されて、しょっ引かれてしまう! 歩きだとしても何とも難しい!

そこまでやって、旅行する人はよほど何かの理由があるのだろう!

旅行の途中で足止めになっている人がいるのだろうか??

この時期の「モロッコの旅」を紹介してもあまり意味がないのかな!?

 

可能性としてプライベートヨットなりボードでの移動をした場合、

どうなるか? 太平洋沿いのモロッコのまちを散策できるかもしれない!

しかし、いつかは沿岸警備隊に捕まる可能性がある。

 

ロッコで都市間の移動ができなくなり、また夜間外出禁止令がしかれてしまった。

夜7時から朝5時まで、とは言っても外出しなくてはいけない人もいる。

そこで外出が許されている人たちがどのような人たちかが発表になった。

・救急医療の関係者

・安全保障、軍、国家政府にかかわる関係者

・メディアの幹部

・インフラ整備の関係者

イマームなどの宗教関係者

・食料日用品運搬関係者

・食料品日用品、インフラ整備の夜間労働者

・コールセンタースタッフ他

これくらいだったような気がするけど・・・・・!

間違っていたらスミマセン!

 

今はモロッコラマダンの時期!

当然、今までのラマダンは夜になると食事を済ませて、街中を散策していた。

これが出来なくなったがために、こっそりと出てしまう奴、

もしくは知らなかったのか?逮捕者が続出しているようだ。

 

仮に今、旅行中だと、こんな情報を知ることはできるのだろうか?

いまはスマホがあるのでモロッコでメジャーな新聞の翻訳機能を使うと

ある程度のことは把握できるから問題ないのかな?!?!

 

この時期、旅をしている人はいないとは思うけど注意が必要だ!

 

 

 

 

 

マラケシュの名所が・・・・・!

あのジェマエルフナ広場に人がいない! 

普段、あの大道芸人でごった返している広場が・・・!?

普段、屋台がずらっと並んでいるあの広場に人がいない!?

クットビアモスクの周辺から人がいない! 

いつもなら観光客がうじゃうじゃいるのに、人がいない!

 

かつて見たことないような風景だけにびっくり!

と言ってもいつもの早朝には同じような風景を見ることはあったかな!?

 

たぶん、一度はマラケシュに行ったことのある人ならビックリするかも!

コロナウイルスのの影響はかなりのモノがある。

 

都市間の移動が禁止されて約1か月が過ぎた。

まだまだ続きそうだけどどうなることやら。

 

早いこと終息してほしい!

また、そうなったらモロッコのいろんな旅案内ができたらいいな~~~~!

そうなることを願いたい。

インシャーラー!なのかな!

 

フライトレーダー24を見る限り、モロッコ上空は飛行機がいない。

今朝、ROYAL AIR MAROCが1機、飛んでいるのを発見した。

よく見るとRAM CARGOだった。貨物機は動いているんだと感心してしまった。

 

マリントラフィックも客船は全く動いていないような・・・

タンカーと貨物船だけが出入りしているのかな!?

どこもかしこも大変なことになっている。

 

ラマダンがはじまる・・・

今年のラマダンはどうなるのだろう?

予定では4月25日頃から始まるはずだけど、このコロナ騒ぎでどうなるか??

ラマダンの開始やラマダン期間に何かの影響がるのか全く分からない!

ロッコ人にとってイスラム教行事は大事なことで、特にラマダンは欠かせない。

しかし、陽が沈むと三々五々と街中に繰り出すモロッコ人たち!

そぞら歩きを楽しむモロッコ人。何の目的もなく歩き回るモロッコ人。

あの光景は無くなるのは確実かな?!

いまはまちが静まり返っている状況なので、あのにぎやかなモロッコと違い

今度のラマダンはどうなることやら??

 

都市間の移動ができない今は、帰省もできない。となるとラマダン明けの

イードはどうなる? 羊の犠牲祭ができない! 羊がまちにやってこない?! 

地方に羊があふれかえる?? 今までになかったイードになるのは確実かな!

 

こうなるとイスラム教徒の反乱が起こる? そんなことはないかな。

今まで誰も経験したことのないような状況になるかも。

 

ロッコでも新聞やネットニュースなどはコロナのニュースが多いが、

ラマダンに関するニュースはどこかにあるのだろうが情報としては

掻き消されているような状態でたぶん見逃している。

ラマダン期間中の食料は十分供給されるようなニュースは見たけど、

それ以外はどんな準備しているのだろう!

 

今週末からラマダンが始まる!

どんなラマダンが始まるのか、気になるな~~!

モロッコでマスクが・・・

ロッコでマスク着用が義務化されてしまった!

これはびっくり、まさかモロッコで義務化されるとは・・・・・!

しかも罰則があり、懲役もしくは罰金もあるようだ!

この情報は日本大使館もHPで公表している。詳しくはそこを見て下さい。

ロッコでは日本より、マスクは手に入りやすいらしいけど・・・・

 

ロッコでも死者が90人出ている。確か、一週間前に野戦病院ができたと

ロッコの国内でニュースになっていた。

 

ロッコを何かの都合で旅行している日本人がいたとしたら、どうするか?

カサブランカ空港は格安エアラインが出入国しているようだ!

乗客の数は明らかではないが、飛行機の離発着はある。

タンジェ港からの出入国はスペイン側の問題もあるのでいまは難しいかも!?

となると、モロッコの南側の国から陸路で入国する日本人がいるとしたら

その人が全く何の情報も持っていない人だとすると・・・・・!?

それはびっくり! いないわけではない。

かつて自転車でアフリカを北上している日本人がいた。たまたまカサブランカ

その人と話しすることになった。その時は携帯電話が無い時代。

その時その方は日本がどうなっているか?全く分からないようだった。

そんな方がモロッコを旅行中だと大変なことになりそうな?!?!

 

そんな方はほとんどいないと思うけど、

コロナが終息したらまたモロッコの紹介でもするか!!

モロッコ入国規制?! コロナの影響 2020 

ロッコも入国規制がかかってしまった。と言ってもどうだろう!

今月15日から飛行機が制限を受けているらしい。でも!?

ロッコでも死者が出ているくらいなので大変な状態!

飛行機は国際線国内線両方ともキャンセルはあるものの飛んでいる。

しかし注意してサイトをチェックしないとどうなるか全く分からないようだ!

よく見るサイトが「フライトレーダー24」のサイト内を検索するといい。

離発着がよく分かる。このサイトを見るとけっこう飛行機は飛んでいる??

観光業で国が成り立っているだけのこの影響はかなり大きなものになりそうだ!

それでもこんなに飛んでいれば出入国は問題なさそうな・・・・・!

そんなこといってもFIXの航空券の場合はキャンセルされたら大変なことになるので

しっかり確認することをお勧めします。

 

コロナウイルスの情報は在モロッコ日本大使館のHP情報を参考にするといい。

大使館はまずは邦人保護が主な仕事だけに、それなりの情報はつかめると思う。

全てを日本大使館に頼るのはよくないけど、こんな時期ある程度は仕方ない!

どこで情報をつかむか、一過性の旅行サイトや情報の少ない内容のサイトは・・・!

 

旅の途中で、どうしても移動しなくてはいけない人やたまたまこの状況に

なってしまった人、十分に注意して旅してください!

 

 

 

コロナウイルスの影響

ついにモロッコでもコロナウイルス感染者が出てしまった。

ロッコを訪問する中国人の数は多い。コロナウイルスはイタリア出身の

ロッコ人が持ち込んだようだけど、イタリアからの影響は大きい!

さくじつ、モロッコ保健省からこの女性が死亡したとの発表があった。

ついにモロッコでの死者も出たくらいの今回のウイルスはびっくりだ!

イタリアのウイルスは別物とのうわさはホントなのか、正確な情報を確認しよう!

 

飛行機も空席が目立つようだけど、この時期に飛行機でイタリア経由の

アルタリアを利用する人はかなりの確率でコロナウイルスに・・・・

と思っていたら、モロッコ航空はイタリアへの飛行制限をしているようだ。

正確な情報はHPで確認した方がいい。それにしてもイタリア北部からの

日本への入国は制限されている。

 

この時期に旅行する人は各方向からの情報を確認しないと、出国もできないし

入国もできなくなる。こうなると人は旅行どころではないのかな・・・・

 

いつ終息するのか分からないけど、またモロッコへ旅行できることを願いたい!!

 

 

ラバト メディナ(旧市街)

ラバトのメディナ(旧市街)はフェズやマラケシュから比べると小さいし、

土産物の量も少ない。観光としては全く魅力は無いかもしれない。

そう言っても、旅行中に日本大使館に行く必要性がある場合はラバト駅周辺の

ホテルに宿泊して、時間つぶしに観光することにならざるおえない! 

パスポートを失くしたとか、何かの手続きが必要になった時はどうしても

行かなくてはならない。

 

そこでラバトの観光はパックツアーで行くとしたら、ウダイア、ツールハッサン、

シェラで他を見ることはほとんどない。これでラバトを見たことになる(^^)

ラバトのメディナへのアクセスはほとんどの日本人がラバトビル(Rabat Ville)駅を

降りて、大通りを緩やかに下るように(北方向)向かって行く。

入口は立派な城門があるわけではない。メディナに向かって左に市場、右側に

城壁がある。その手前には道路と路面電車の線路もある。

 

市場と城壁を通過して数十メートル行くと右側に下の写真の風景でスイカ通り

(Rue Souika)が見えてくる。正面にはグランモスクのミナレットも見える。

f:id:bun00037:20040313172938j:plain

この周辺には外国人を対象にした土産物屋などほとんどない。モロッコ在住者向けの

店舗が多い場所だ。そう言いながらも、市場は食材がメインだけどモロッコ

土産となりそうなものが多少ある。帰国直前だったらモロッコのオリーブ漬けなど

チャック付きのビニール袋に入れて持ち帰るといい土産になる。他に欧州産の

菓子類だったり、珍しい調味料があったりする。また果物の中でチェリモヤ

持って帰ったことがあった。本来は検疫が必要かもしれない?!?

いまでこそ日本にあるけど、モロッコ産のチェリモヤは結構好きだな~~~!!

 

 

このスイカ通りをまっすく進み、コンシュル通り(Rue Consult)と直行したところを

左へ向かうとウダイヤ方向に行く。それが下の写真のようなアーケード状になった

通りになっている。ここは観光客向けの土産物屋が多くある。

この通りの直交した辺りは時間帯によってけっこう混雑する。またこの近くに

ユダヤ人地区があることもあり、貴金属を扱う店が多くある。ラバトの貴金属店は

各国大使館員も訪問するためか、他の街の貴金属店とは違いがあるように思える。

美しいと言うか、洗練されているように見えてくるのは不思議な感じが・・・!?

f:id:bun00037:20040313190020j:plain

f:id:bun00037:20100628231259j:plain

このコンシュル通りを抜けると正面にウダイアが見えてくる。

写真の正面の遠くに見える大きな建物がウダイア門。

その周辺にいるのが自称ガイドとその友達。自称ガイド達はこの写真の距離位から

日本人を見つけて近寄ってくる。ウダイアの自称ガイドはフェズやマラケシュより

多少おとなしい感じがするのは自分だけだろうか・・・・・!

 

それと、ラバトのメディナもリヤドが増えてきた。興味のある人は駅周辺の

ホテルよりいいかも!