モロッコの旅 あれこれ

ガイドブックに載っていない場所やものごと 知って得するかも!何かを探しながら旅している人!モロッコだけだけど、何かがあるかも!

いにしえのラバトーサレ

18世紀のラバトサレを海から見た絵。

f:id:bun00037:20200119102701j:plain

この絵を見る限り、ポルトガルもフランスも全く手を付けていない状態。その時代の

ラバトサレをよく描いている。真ん中にブーレグレグ川があり、右側にウダイヤ、

左側にサレのまちを描てある。

 

絵の右側のウダイヤだけど、要塞らしさがうかがえる。モロッコ人の手で作った要塞で

小高い丘の上にそびえたつ立派な城壁がよく分かる。いまある海岸に突き出した要塞は

ない。突き出した要塞はポルトガル人が作った別物であることがよく分かる。

(このブログ内の「モロッコの海岸のまち ラバト編」 2019/12/12)

ブーレグレグ川(Oued Bou Regreg)が今より水量があった時代。もしくは今より

水面が広かった時代、大型木造船で川に入りこむことが様子はちょっと

違っていたことだろう!

川の奥に見えるところは船を着岸できる風景を描いたのだろうか?!

 

また、ハッサン塔(Tour Hassan) の偉大な大きさが描かれている。この絵の時代は

たぶん、フランスが植民地化する前の絵。ウダイヤの要塞やハッサン塔の大きさを

見て、ポルトガルやスペインはこの地に降り立ったのだろうか?

 

ロッコの海岸沿いでタンジェからアガディールまでの間でこんな風景が見えるのは

ラバトだけかもしれない。西洋人には興味深いまちだったのだろう!?

 

資源の少ないモロッコは本格的に植民地化するのは物足りなかった。しかし、

場所としては食料補給場所としてはよかったのかもしれない。

いにしえのモロッコを知る意味ではモロッコはフランスに植民地にされたことが

よかったのだろう!フランスだったから今のモロッコを知ることができたのだろう!

そう思いたい(^^)

 

アフリカエコレース 2020 面白いところを走った

今回のレースはモロッコ国内を通過し、モロッコ国内は今月12日にレースは

終わりとなり、この後、モーリタニアに入ってレースが続いていった。

今回の第一ステージが新しいコースなのでどのように走ったかが気になっていた。

詳細は出ていないのではっきりした場所はわからないけど、タンジェメッドに

入国して盛大な歓迎を受けてそこからレースではなくケニトラまで移動したようだ。

 

ケニトラの郊外から二十数キロのコースを設定してレースをした。

砂漠でもない土漠でもないこの地域に何が楽しくてわざわざレースをしたのか??

多少モロッコを知っている人はこの地域に何があるのか?ちょっとした草むら状態の

ほとんどは知っても面白くないのではないか?と思えるような場所。

しかし、アフリカエコレースの公式サイトを見るとこれがびっくりするエリアだ。

 

ラバトとケニトラの間にマモラ(Forest Maamora)と言う森がある。この森中は夏は

涼しいがためにここで涼をとるモロッコ人もいるくらい憩いの場所にもなっている。

ピクニック感覚でこの森にやってきてタジンを作って楽しむモロッコ人もいる。

この中は森と言っても日本のような森のイメージではなく、高さが3m~5m位の

コルクの木が多く生えている(植えている?)森だ。コルクの皮採取の時期に

なると作業しにくるモロッコ人をよく見ることがある。この森の中は車が通るくらいの

道路が縦横無尽(?)に通っている。だから何も知らない観光客が内部に入って行くと

メディナ(旧市街)より迷宮入りするくらいのちょっとした森だ。

ちょっと感のいい人だとすぐに出てこれますけどね(^^)

それとこの森の中には動物がいる。ロバ、羊、ニワトリ、クジャクなどの動物も

いると思うけど、何といってもおもしろいのが陸ガメだ。この陸ガメは色はちょっと

べっこう色のようなベースに黒い線のような模様があり、甲羅が盛り上がっていて、

手のひらサイズの小さいモノから持ち上げるにはちょっと重そうなカメまで色々いた。

たぶんすぐに見つけることはできる思う。カメが好きな人にはいいかも!

それと、カメも日光浴したいのか道に迷うのか近くのラバトサレ空港の滑走路上に

現れることもあった。

 

今回のレースではカメへの危険性は避けて走ってくれたことだと思いたい。

もしかしたら、動物の少ないエリアを選んだかもしれない。アフリカエコレースでは

バイク、車、トラックの部門があるけど、この森のエリア内はバイクで走るのが

一番面白いかも! 土と言っても乾いた土で、バイクの後輪が土を跳ね上げる

くらいで土埃が立つ感じかなーーー! またバイクで走りたいな~~~!

 

このマモラの森へ行きたい人はラバトやケニトラ在住のモロッコ人と仲良くなって

行くことを勧めます。観光客がいきなり行くのはいろんな意味で危険が多い。

 

 

モロッコのデザイン検索がおもしろい??

このサイトでモロッコの各種のデザインを紹介した。モロッコタイルの

ゼッリージュ仕様のデザインも古典から新作までいっぱい紹介した。

しかし、ネットで検索すると10種類くらいは出てくるが、ほかのほとんどは

関係ないものが多く出てくる。モロッコのタイルに限らず、他の分野も

同じなのかな・・・・  モロッコ料理だとそれなりのモノが出てくるような・・・

 

「モロッコ デザイン」「モロッコ タイル」「モロッコ 漆喰」「モロッコ 柄」

などの用語でネットで検索してみると、モロッコに関する画像はほとんど出てこない。

出てくるのはチュニジアアルジェリアだったりする。それか全く関係ない。

ここで面白いのが、モロッコ柄と言う名の建築の床材。日本の建築材料で床に張る

クッションフロアーの材料でその表面のデザインをモロッコと言っているようだ。

 

これらのデザインはモロッコではほとんど見たことがない。これを堂々と

ロッコ柄とうたっている。始めて見る日本人は全く疑いはないだろう?!?!

これがモロッコのモノだと「検索」は認識する。なんか変だけど仕方ない!

ロッコでデザインは独特のモノがある。それが分かってかどうか??

にもかかわらず、ネット上の検索の範囲はこれが表示されてしまう。

検索される数の量と内容の正しさは比例しないのが一般世間の常識なのでしょう!

 

「モロッコタイル」「モロッコ柄」と言ってスペインから輸入されているものもある。

タイルに関しては四角いタイルに唐草模様のデザインが施してあり、それを4つくらい

組み合わせて構成する。実際にタンジェなどではその存在を確認している。

スペインに近いだけに簡単に入手できるのだろう!

 

ロッコタイルの純粋なゼッリージュ仕様は今のところすたる様なことはない

だろうけど、いつの日か消滅するようなことがあったら・・・・・!

 

今では王室の設計スタッフもいることだし、しばらくは問題ないかな・・・?!

それより新しいモロッコのタイルデザインの展開があることを期待しよう!

 

 

 

アフリカエコラリー 2020

今年もアフリカ エコ ラリーが始まる。

昨年とルートが少し違うみたいです。出発日も違う!

 

まず、ルートの違いを見てみたい。フランスのモナコを出発し、イタリアの

サボナ(Savona)に行くことになっている。そこからタンジェ(Tanger)に向かう。

サボナは大きな港はないけど、モロッコへ行く時に使う通常のセトゥ(Sete)に

移動するより、時間的にも短くてすむのかも。あくまでもレースはアフリカが

舞台であってフランスではないからなのかな・・・・・!

今年(2019)はナドール(Nador)から入国して、モロッコの土漠を南下して行った。

それが来年(2020)はなんと、タンジェに入国してレースが始まるようになっている。

 

このルートは何が違うかと言うと道路周辺の人の多さだ。まちの近くを通過する。

タンジェから南下してアトラス山脈にかかわるまでのルートは人が多くいる。

はっきりしたルートは不明だけど、日本人の観光ルートにもなるシシャウエンを

通過するとしたらこれは大変なことになりかねな。ツアーバスで移動する人には

ほとんど問題ないけど、特にレンタカー等で移動する人には一時的な通行止めや

迂回ルートの案内があるかもしれない。

そこで勝手にレースの通過予想をしてみたのが下の地図にある青い線。

勝手な予想ルートなので本番は不明です。

f:id:bun00037:20191231134229p:plain

                        MICHELIN Marcoより

 

たぶんケタマ(Ketama)からエルラシディア(Er-Rachidia)までのルートはあまりにも

選択肢の巾がありすぎて皆目見当が付かない(^^)

この地域は絶景に相当すると言うか、実に眺めのいい場所がたくさんある。

エルラシディアからきたに120kmくらい北に行ったところのミデルト(Midelt)の

北にある盆地は朝日を眺めるには最高にいい場所で、これがアトラス山脈の盆地かと

感心したことがあった。

 

また出発日も違う。

昨年は元旦だったのが、モロッコは1月7日からのスタートになっているようだ。

何の意味があるのか分からないけど、通常に生活が始まっているのがいいのかな・・・

ロッコでは年末年始と言う考え方はないし、忙しさはないし・・・・・!

 

今回も日本人参加者はいるようだ。

そうなると少なからず、見に行く人はいるだろうな~~~!

砂嵐はまだだし、雨期の雨もまだだし、寒さだけには注意した方がいいかも!

ホテルならいいけど、屋外の夜の寒さは半端じゃない!

 

日本人選手のいいタイムを期待したいな~~~~!

 

 

 

春にモロッコ旅行を計画中の方! 砂嵐に注意!

ロッコを2月から4月頃に旅行を計画している方は砂嵐に注意した方が必要だ。

その年の気温気候にもよるけど、時期を感がるとこの時が一番多い。

アトラス山脈を境にサハラ側に旅行するか!大西洋岸沿いを旅行するかで変わる。

 

サハラ側は砂漠を見に行く人、カスバ街道を旅行する人などが対象になる。

気温が高くなったりすると砂嵐が出てくる。

 かすむ程度の嵐が多いけど、時には数メートル先が見えないくらい荒れる

砂嵐もある。この時は実にやっかいだ。先が見えないくらいの嵐になると周辺が

だんだん暗くなる。コンタクトレンズの人は大変! 砂が肌にへばりつき、

頭皮の中まで砂が入り込んでくる。髪の毛がなんとなく砂っぽい感じがしてくる。

一般的に日本人が体験することのない環境になる。

この程度の嵐の場合、手持ちの精密機械類は注意が必要になる。かつて友達が

日本製のカメラのズーム部分が動かなくなり、故障したまま日本に持って帰ることに

なった。原因は細かい砂が機器内部に入り込み、動かなくなった。しかも当時は

海外で故障することは補償の対象に含まれていなく、自費で直すことになった。

 

一方、大西洋側では砂嵐に会うことは少ない。マラケシュ、フェズなどに行く人が

対象になるけど、ほとんどの人が砂嵐を見ることはないはず。しかし、十年~二十年に

一度あるかないかのくらいの頻度で発生する砂嵐もある。アトラス山脈を越えて

来るくらいの砂嵐なのでけっこう前が見えないし、日差しもさえぎられる状態。

この時、小さな砂で肌や顔などがざらざらした状態になる。やっかいだ!

この時は飛行機は欠航になったり、着陸場所が変更になったりする。

 

この埃っぽい状態は日本で言うと火山灰が地面に落ちてそれが舞い上がったような

イメージかな。どちらにしてもどちらも一般的に味わうような感覚ではない。

こんな砂が舞うからこそ、砂漠の民の民族衣装は頭にターバンを巻き、体に布を

巻き付けたような格好になるのだろうかと思うこともある!? それに加えて

日差しや気温の変化も大きいとは思うけど・・・・・!

 

大西洋沿いに数年住んでいていて一度だけ砂嵐に遭遇したことがあった。

サハラ側でエルラシディアに行った時は何度か砂嵐にあった。すさまじい砂嵐。

かすんだ状態の大気は何度も見たかな。

 

と言うことで、春先にモロッコ旅行を計画中の方への情報でした!

 

部屋のインテリア モロッコの金物 

ロッコでこんなものを探して自分自身への土産としてもいいかも!

部屋をリフォームしたい人、家を新築する時にちょっと違ったアイテムを探している人

ロッコに興味を持ってその証にちょっとした飾り物をしたい人などなど。

けっこうレトロ感じのモノ、日本人が発想しない形状のモノ、かつては裏方の

仕事だったのが、店舗に現れるようになった。フランス人やイタリア人が

移住したことで、彼らが「これは面白いと」のことで裏方の仕事から店舗で

販売するようになってきた。

モノとしては、壁の衣文かけやモノをつるすフック、取っ手、簡易のドアロック、

数字や文字、ドアノッカー、ドアストッパー、蝶番など建物に関する金物が多い。

古いタイプのモロッコ式の蝶番は実用品として使わずに張り付けるだけでもいい感じ!

今ではモロッコの金属製のアイテムとなるとほとんどがランプ類。それ以外は

アッツアイ(ミントティー)の容器くらいかな・・・・?! ほとんどない

しかも、この黒い金物はここ10年くらい前から一般に出てくるようになった。

かつては真鍮の光ったものが多かった。これだと日本に持ち帰っても変色は少ない。

f:id:bun00037:20191225122710j:plain

上の店舗はマラケシュで見つけた。フナ広場より南。下の店舗はフェズではよく見る。

f:id:bun00037:20191225120155j:plain

真鍮製の製品は上の写真のような感じ。日本に持ち帰ると変色することもある。

それを考えると黒い金物はいろいろと使えるかも!! 問題は日本の湿気と雨によって

そのように劣化していくかがよく分かっていない。それでも高いモノではないのと、

黒いタイプは日本ではほとんどで回っていないので一味違うことは間違いない!!

 

 

土産の金物となると下の写真のようなキーホルダーのようなものもある。

ロッコではかなりアンティークなモノがある。まさに掘り出し物があるかも!

と言ってもこればかりは趣味の世界になりそうなので好きな方は探してみるのもいい!

f:id:bun00037:20191225114319j:plain

下の写真のような骨董品屋がたまにある。この中にもインテリアに使えそうな金物は

あるが、中には気持ちが重たくなるようなねんきの入った金物がある。

f:id:bun00037:20191225130022j:plain

 

 

 

 

モロッコの海岸のまち・要塞 ほか

ラバト、エッサウイラ、サフィー、エルジャディダはこのブログの記事で

紹介したように立派な要塞を構えている。

このほかにもAsilah Larache Azemmour などに大航海時代の痕跡がある。

スペインとモロッコを挟むジブラルタル海峡!ここから地中海に入ることなしに

ポルトガルやスペインは海岸沿いを南下して物資を探した。これらの国の目的は

キリスト教の布教や香辛料の取引とはよく言われるものの、それだけではなかった。

また、モロッコではたいしたものはなかったらしく、南へ行くための中継地点として

ロッコの海岸沿いに要塞を築いたようだ。 

f:id:bun00037:20191218120127p:plain

                                                                                      MICHELIN Marco より

上の地図をよく眺めることがある。

地中海、地中海の出入口、大西洋のこの構図を昔から権力者たちは理解していた。

飛行機もない時代、大きな艦船もない時代、よくこんな環境理解できたと思う。

いまなら飛行機や衛星もあるので一般の人でも簡単にわかってしまう。モロッコ

偉大な旅行家であるイブン バッツウータも理解していただろうこの地理的環境。

大航海時代が終わってから、この環境に価値を見つけたイギリスは抜け目ない

対策として早々と地中海の出入口を2か所(エジプトとジブラルタル)共監視下に

置いた。植民地時代の先を読んでのイギリスの戦略、なかなかの策略。

その後、ジブラルタル海峡に興味を示した国は数知れず。モロッコ側のタンジェには

各国が大使館相当の在外公館を置くことになった。この状況を踏まえ、タンジェは

国際管理下のもとにどの国のモノともならなかった。当時一番欲しかった国は

アメリカだったようだ。それでも大航海時代に勢いのあったスペインは

ジブラルタルのアフリカ側の一部をいまだに抑えている。

イギリス、スペイン、国際管理など、この微妙な力関係は歴史もあり、各国の国力も

影響している。いまだにスペインはイギリスに「ジブラルタルを返せ」とか、

スペインはモロッコに対して高圧的な態度を示すことはよくある。

いまタンジェがアメリカの統治下になっていたら・・・・・・

今ではアメリカのマリーンの海兵部隊はよく、タンジェ沖に駐留している。

 

上のこの地図はいろんなことを物語っている。じっくり見て下さい。

日本にも関係あるかも・・・・・・?!

 

 

 

 

モロッコの海岸のまち ラバト編

首都ラバト。マラケシュやフェズは観光してもその次の観光候補地にもならないまち。

エッサウイラは行ってもラバトはパスしてしまう! 残念な・・・・!

この首都ラバトもポルトガル人の残した要塞がある。けっこう立派な構築物。

ラバトを観光候補地とした時に必ずいく場所「ウダイヤ(Kasba des Oudayas)」だ。

そこにある大西洋を見渡すことのできる見晴らし台のような広場がある。その広場の

周辺にある数々の構築物こそが、その当時占領されていたことがよく分かるところだ。

 

いにしえのラバトはエッサウイラと同様に古くはフェニキア人も居を構えるくらいの

戦略的に必要性のある地点だったようだ。フェニキア人の痕跡、カルタゴ、ローマと

各時代の遺跡がある。そんな場所に大航海時代を象徴するようにポルトガル人が

風格のある要塞を築いていった。下の写真がその様子。 

ウダイアはラバトにあるブーレグレグ(Oued Bou REGREG) と言うやや大きな川が

流れていてその河口に築いている。

f:id:bun00037:20191211164157p:plain

写真はモノクロで撮影してみた。これはモロッコのある省のカメラマンに協力して

もらって撮影したもの。素人なので映像そのものの良さ悪さは勘弁してください。

この十数メートルのけっこう高さのある要塞をポルトガル人は築いた。大西洋側から

見たことはないけど、たぶん見栄えのする威嚇のあるような感じなのだろうか!?

そう思い潮が引いた時に白黒写真で撮影してみた。このウダイアの一番高い所は

海抜が約30mある。写真の右端に見えるモスクのミナレットあたりだ。

下の写真はこの要塞を側面側から見た状況。

f:id:bun00037:20191211164350p:plain

下の写真は要塞の先端にある丸い円柱状の監視塔を撮影してみた。

f:id:bun00037:20191211164412p:plain

 

 

この写真は要塞から川を上流へ100m位行ったところにウダイアに張り付くように

出来ている城壁のような建物だ。下には川へ出ることができる扉もある。この建物の

内部がどのようになっているか?知りたくなる!?扉のある上部は階段になっている。

それをスケッチしたのが写真の下の絵だ。階段を下りる方向を見ている。

f:id:bun00037:20191211164455p:plain

 

f:id:bun00037:20180519135203j:plain

ウダイアのこのブログの他のミステリーの記事でも掲載したものだ。

このウダイアはミステリーがかなりある。興味のある人は是非どうぞ!

モロッコの海岸のまち エッサウイラ編

エッサウイラのまちは日本人がモロッコに行こうとする時には一つの候補地になる。

何がそうさせているのか? 理由ははっきりしないかな・・・・・?! 

かつてモロッコ人にモロッコで外国人に一番勧める場所はどこか聞いたことがる。

真っ先に応えたのが、エッサウイラだった!「マラケシュやフェズは何とでもなるが、

エッサウイラは時間をかけても行ったらいい」と言われたことがあった。

 

このエッサウイラは昔からモロッコの交易では重要な場所だった。紀元前には

フェニキア人やカルタゴ人の航海者もここに立ち寄った記録がある。その後、

ポルトガル、スペイン、フランスと目まぐるしい変化のあったまち。

もちろん国内での動きもいろいろとあったエッサウイラだ。

 

そんなエッサウイラは16世紀にポルトガル人がこの地を我が物のように要塞を

築いた。それが下の写真のような建造物だった。要塞としては十分な風格がある。 

f:id:bun00037:20191208213301j:plain

 上に写真は漁港方面。夕方になると擁壁の護岸にモロッコ人が集まってくる。人が

集まるのはどこの街でもどこかにある。モロッコ人にこの要塞がどのように

伝えられているかはよく分からないけど、このように世間話は得意のようだ!

漁港周辺は要塞をそのまま利用したような状態になっている。

 

この海岸沿いには港から北側に行くと長さ300m位の防護壁状の大砲台がある。

それが下の写真だ。遠くに小さく見える要塞らしきものが漁港の建物。

この周辺には大砲のための火薬庫、円形の稜堡など要塞らしさがいっぱいある!

f:id:bun00037:20191209102929j:plain


下の写真が港の建物。内部に入ることはできなかった。この建物を見て、角の丸い

小さな円柱状のモノは何と?と思うことはないだろうか? 当然、要塞の防御上で

その位置から敵に向かて銃を構える所か監視場所であることは間違いない。

f:id:bun00037:20191208213548j:plain

 

場所は違うが、下の写真が円柱状のモノを近くで撮影したもの。

f:id:bun00037:20191208213448j:plain

内部はこのような雰囲気! かつてはここに住み着くモロッコ人もいた!

f:id:bun00037:20191208213735j:plain

 下は円形の稜堡。日本の城で稜堡のような場所を見ることは少ないが、

エッサウイラのこの稜堡は大砲台の一番端にあり、直径が30mを越える建物だ。

f:id:bun00037:20191209095208j:plain

いまではこの円形の稜堡は観光場所として整備されている。

モロッコの海岸のまち サフィー編

サフィーのまちは一般的日本人にとって観光としては立ち寄らないまちかも!?

カサブランカから海岸沿いを南下してバスで4時間くらい。エッサウイラからバスで

北上して2時間くらい。エッサウイラは行ったとしてもそれから時間をかけても

行くような場所かどうか?! モロッコを知る意味では行った方がいいかも!?

観光ガイドブックには陶器のまちとして紹介している。自分でもここで買った

陶器を持っている。そんな陶器のまちにいつ、どう変化したかは知らないけど、

16世紀に侵入してきたポルトガル人はこのまちにも自分たちの要塞を築いた。

 

まずは、下の写真のような「海の要塞(ダール エル バフル)」を海から見えるように

要塞からも海を見渡せるように築いた。エルジャディダから比べると小ぶりな要塞だ。

屋上には海側に向かって大砲台が設けられている。

最初に陣取ったポルトガルが当時の大航海時代のスペインやオランダを意識しての

軍施設だったらしい。当時の海水の水位は現在とでは違うのではっきりした要塞の

雰囲気はわかりにくいが、要塞であったことは間違いない。

この施設はよく改修工事をしているので見れるかどうかは行っての楽しみ!!

f:id:bun00037:20191207113107j:plain

 この道路を隔てて後ろ側にメディナ(旧市街)がつながって行く。

 

サフィーのメディナの面積はけっこう小さいが中心部分にグランモスクがある。

下の写真はグランモスクから礼拝が終わって出てくる人たち。これに隣接するように

ポルトガル人の礼拝堂がある。

f:id:bun00037:20191205203934j:plain

 

今では下の写真がポルトガル人礼拝堂の出入口。意外と狭い。画像で伝えるにしても

狭くて暗いがために、下の写真で天井しか撮ることができなかった。

f:id:bun00037:20191206214346j:plain

これが天井部分。中央部分のキーストーンを中心に広がるように8分割された位置に

更なる重要なストーンを置いて組み上げたヴォールト天井。この8つに分けられた石の

モチーフは何の意味があるのかキリスト教徒でない自分には全く分からない。

f:id:bun00037:20191205212358j:plain

サフィーよりエッサウイラの方がまちとしては面白いのかな???

しかし、サフィーは海産物がいいかも・・・・・。