モロッコの旅 あれこれ

ガイドブックに載っていない場所やものごと 知って得するかも!何かを探しながら旅している人!モロッコだけだけど、何かがあるかも!

モロッコの海岸のまち エッサウイラ編

エッサウイラのまちは日本人がモロッコに行こうとする時には一つの候補地になる。

何がそうさせているのか? 理由ははっきりしないかな・・・・・?! 

かつてモロッコ人にモロッコで外国人に一番勧める場所はどこか聞いたことがる。

真っ先に応えたのが、エッサウイラだった!「マラケシュやフェズは何とでもなるが、

エッサウイラは時間をかけても行ったらいい」と言われたことがあった。

 

このエッサウイラは昔からモロッコの交易では重要な場所だった。紀元前には

フェニキア人やカルタゴ人の航海者もここに立ち寄った記録がある。その後、

ポルトガル、スペイン、フランスと目まぐるしい変化のあったまち。

もちろん国内での動きもいろいろとあったエッサウイラだ。

 

そんなエッサウイラは16世紀にポルトガル人がこの地を我が物のように要塞を

築いた。それが下の写真のような建造物だった。要塞としては十分な風格がある。 

f:id:bun00037:20191208213301j:plain

 上に写真は漁港方面。夕方になると擁壁の護岸にモロッコ人が集まってくる。人が

集まるのはどこの街でもどこかにある。モロッコ人にこの要塞がどのように

伝えられているかはよく分からないけど、このように世間話は得意のようだ!

漁港周辺は要塞をそのまま利用したような状態になっている。

 

この海岸沿いには港から北側に行くと長さ300m位の防護壁状の大砲台がある。

それが下の写真だ。遠くに小さく見える要塞らしきものが漁港の建物。

この周辺には大砲のための火薬庫、円形の稜堡など要塞らしさがいっぱいある!

f:id:bun00037:20191209102929j:plain


下の写真が港の建物。内部に入ることはできなかった。この建物を見て、角の丸い

小さな円柱状のモノは何と?と思うことはないだろうか? 当然、要塞の防御上で

その位置から敵に向かて銃を構える所か監視場所であることは間違いない。

f:id:bun00037:20191208213548j:plain

 

場所は違うが、下の写真が円柱状のモノを近くで撮影したもの。

f:id:bun00037:20191208213448j:plain

内部はこのような雰囲気! かつてはここに住み着くモロッコ人もいた!

f:id:bun00037:20191208213735j:plain

 下は円形の稜堡。日本の城で稜堡のような場所を見ることは少ないが、

エッサウイラのこの稜堡は大砲台の一番端にあり、直径が30mを越える建物だ。

f:id:bun00037:20191209095208j:plain

いまではこの円形の稜堡は観光場所として整備されている。

モロッコの海岸のまち サフィー編

サフィーのまちは一般的日本人にとって観光としては立ち寄らないまちかも!?

カサブランカから海岸沿いを南下してバスで4時間くらい。エッサウイラからバスで

北上して2時間くらい。エッサウイラは行ったとしてもそれから時間をかけても

行くような場所かどうか?! モロッコを知る意味では行った方がいいかも!?

観光ガイドブックには陶器のまちとして紹介している。自分でもここで買った

陶器を持っている。そんな陶器のまちにいつ、どう変化したかは知らないけど、

16世紀に侵入してきたポルトガル人はこのまちにも自分たちの要塞を築いた。

 

まずは、下の写真のような「海の要塞(ダール エル バフル)」を海から見えるように

要塞からも海を見渡せるように築いた。エルジャディダから比べると小ぶりな要塞だ。

屋上には海側に向かって大砲台が設けられている。

最初に陣取ったポルトガルが当時の大航海時代のスペインやオランダを意識しての

軍施設だったらしい。当時の海水の水位は現在とでは違うのではっきりした要塞の

雰囲気はわかりにくいが、要塞であったことは間違いない。

この施設はよく改修工事をしているので見れるかどうかは行っての楽しみ!!

f:id:bun00037:20191207113107j:plain

 この道路を隔てて後ろ側にメディナ(旧市街)がつながって行く。

 

サフィーのメディナの面積はけっこう小さいが中心部分にグランモスクがある。

下の写真はグランモスクから礼拝が終わって出てくる人たち。これに隣接するように

ポルトガル人の礼拝堂がある。

f:id:bun00037:20191205203934j:plain

 

今では下の写真がポルトガル人礼拝堂の出入口。意外と狭い。画像で伝えるにしても

狭くて暗いがために、下の写真で天井しか撮ることができなかった。

f:id:bun00037:20191206214346j:plain

これが天井部分。中央部分のキーストーンを中心に広がるように8分割された位置に

更なる重要なストーンを置いて組み上げたヴォールト天井。この8つに分けられた石の

モチーフは何の意味があるのかキリスト教徒でない自分には全く分からない。

f:id:bun00037:20191205212358j:plain

サフィーよりエッサウイラの方がまちとしては面白いのかな???

しかし、サフィーは海産物がいいかも・・・・・。

 

モロッコの海岸のまち エルジャディダ編

大航海時代ポルトガル人たちの遺産。その象徴たるものがモロッコでは

このエルジャディダにある。地下貯水池などそれはけっこう壮大なものだ。

植民地化されたモロッコの海岸沿いのまちはモロッコが進展していく意味では、

歴史的に切っても切り離せないものだ!そのモロッコの大西洋沿い各所に

点在している。その代表格にこのエルジャディダかもしれない・・・・??

下の写真はエルジャディダの模型を上から見たモノ。不思議な形だ!

f:id:bun00037:20191128223333j:plain

この入り江の島のようなところに築いた小さな要塞。この要塞の中に不思議なものが

存在している。それはガイドブックにもある地下貯水池。下の写真が要塞の入口。

意外と小さい門と言うか、小さいからこそ要塞なのかもしれない!!

f:id:bun00037:20191203201016j:plain

門から城壁の上に見えていた塔はポルトガル教会。

f:id:bun00037:20191203204829j:plain  

下の写真が地下貯水池に入口。この入口の奥には意外な空間がある。

f:id:bun00037:20191203212437j:plain

まず入口を入って行くとこのような奥行きのある。モロッコ産のやや柔らかい石で

組み上げた天井(ボールト状)。モロッコではこれほどの石でできた空間は珍しい。

世界遺産にもなっているだけあって、立派な空間だ。下の写真のような空間が

広がっている。エルジャディダの地理的環境を感がると、どれくらいの水が

溜まるかは分からないけど、かなり大量の水を貯水できる空間となっている。

いまでは水を貯めることもなく、このような観光施設となっている。

f:id:bun00037:20191203204928j:plain  f:id:bun00037:20191203215527j:plain

いまではこのようなきれいな空間を見ることができる。天窓もあるがために

この地下空間の風景が不思議な環境を生み出している。この丸い柱、柱脚や柱頭部分

ヴォールト天井でシンプルではあるが石造りの理にかなった出来である。

内部のミステリー感は日本では体験できない!

 

このエルジャディダの世界遺産を見る時にいろんな思いをはせて見てもらいたい!

 

 

 

モロッコの漁船 

ロッコの海産物となるとタコが有名だ! かつて日本のタコはほとんどが

ロッコ産が多かった。その頃、下のような漁船でタコも取っていたようだ。

しかし、モロッコでは食べないタコ、それが金になるとなると大型船の出動になった。

それが今の変化につながっている。今のタコはモーリタニア産がほとんどだ。

かつての地味な感じのモロッコ人漁師の漁船は下のような船がほとんどだ。

f:id:bun00037:20191120220731j:plain

上の写真はエッサウイラの漁港。大西洋の波を乗り越えるにはこのような形状の船が

いい形で波を越えられるのだろう!? ホントかどうかわからないけど・・・!

日本のエンジンなしの漁船と比べると形状がいい感じになっている。

 

 

下の写真はラバトの漁船の様子。いまでは船外機を付けて漁をしている。ラバトには

それなりの港なり漁港はない。海に面した首都なのに港がないのは珍しい。港がない

ことに築いたのか、十年位前に隣のサレにヨットハーバーを作った。それと前後して

サレの河口に小さな港も築いた。それでもラバト側ではいまだに川岸が魚の

水揚げ場になっている。それとラバトではサレとの間の渡し船にもなっている。

f:id:bun00037:20191120220759j:plain

f:id:bun00037:20191120220918j:plain

 この漁船の形はヨーロッパの港にある漁船に似ている。何百年も同じ形なのだろう!

ロッコはスペインやフランスが入植する前は港らしきものはなかったようだ。

ではどのように漁をしていたか?  漁船があったのか? フェニキア人の時代に船で

大西洋を回り、モロッコに入り込んでいたのは間違いないようだ。だが彼らが乗り

込んでくるような船は上の写真のような小さい船ではない。

 

ロッコの海岸にはそれなりの川幅の河川がタンジェからアガディールまで

何本もある。その河川を使って内陸へ入っていったようだ。しかし、大西洋に面した

河川の河口から小さな船が入って行くのはかなりの業が必要になる。大きな船なら

転覆の可能性は少ないが、上の写真に出てくるような船はかなり危ない目にある。

川の流れと海の波が交差していろんな方向から船が揺れる。こんな時に転覆しがたい

作りがこの船の形になったのではないだろうか(勝手な勘違いかも!)

それと今ではどこの河川も上流にダムができているため、干満時の潮位が違う。

 

旅しながら、昼にモロッコ版サンドイッチを持って船を眺めているのもいいかも!

 

いまでは、モロッコ産タコは日本ではほとんど見なくなったけど、

ロッコの市場には時々ある。

それといまでは、30年くらい前からタコと引き換えに日本の無償資金援助で

水産学校もできて、そこそこ大きな船も供与されていた。上のような

小さい船の近海漁は地域の漁業になっているはずだけど・・・・!

 

 

 

 

モロッコの鉄道 列車の車内は! 

ロッコの鉄道列車はどのようになっているのだろうか?

下の写真は長距離列車内の通路の風景。通路でイスを出して話し込む連中、切符を

確認に来る車掌、そこを通り抜けようとする乗客など、この車内にはモロッコ人同士の

いろんな会話や交流がある。それでも車内の一番の楽しみは移動の車内販売。

一番売れるのがコーヒーだ。それでもワゴン車はサンドイッチや菓子などもある。

f:id:bun00037:20191114213417j:plain f:id:bun00037:20191114213541j:plain

 

 下の写真は長距離列車、カサブランカマラケシュカサブランカ-フェズなど

それ以上の距離のある1等車のボックス席。2等車には肘掛はないのと3人掛けが

4人掛けになる。移動時間中に仕事や作業をする時など利用すると便利かも。それと

じっくり寝たい時もいい時間を過ごせることと思う! 2等車の場合はこのボックスで

4人掛けで最大8人いることになる。時間や時期によってはにぎやかになる。日本人と

分かると堂々と入ってきて、えらそうに話し掛けてくるモロッコ人もいる。車内は

にぎやかになることが多い。

f:id:bun00037:20191116215703j:plain

f:id:bun00037:20191117172611j:plain

長距離列車の車列は上の上のような風景になる。

 

 

下の写真は近距離ラバト-カサブランカ間などの2等車の座席のようす。

この短い移動距離で1等車を利用したことがないのでようすはわからないけど

人によっては利用する価値はあるだろう・・・・・・?!

f:id:bun00037:20191117165015j:plain

 

 

これは長距離列車の先頭車。この先頭の機関車が一時期はイギリス製日立製作所

ディーゼル車両だった。いまでは電気化が進んでこんな車両になった。

f:id:bun00037:20191117172941j:plain




最近、モロッコ版TGVが開通した。

また、モロッコが変わっていく!

しかしモロッコの中身はほとんど変わらない!

表面的なモノばかりがモロッコに入ってきている!

 

 

 

 

 

モロッコ トイレ事情 ホテルのトイレ

ロッコのトイレはどんなものか気になる一つかもしれない。

イスラム圏だけにトイレを見たことのない人はどんなのだろうか?と思うことだろう!

また、よく聞くけど不浄の左手って何? 握手する時に左手は出さない。なぜ?

それは用を足した後、左手で水を流しながら肛門を洗い流す。そのトイレの使い方が

下の写真のような便器にまたがって用を足すのだ。男女一緒。

便器の上にまたがって丸い穴に向かって用を足す。和便器に近い使い方だ。

 下の写真は空港にある一つのブースがこのような仕様になっていて見た目は綺麗に

見えるが、衛生面では問題があるように思える。

f:id:bun00037:20191111120638j:plain

 

下の写真はカサブランカ駅の一つのブース内。

日本人ならすぐにトイレットペーパーを探すけど、このブース内にはない。

あるのは水道の蛇口とバケツがあるのみ。使い方はバケツに水をいっぱいいれて

用を足した後で、その水を使い肛門をきれいに水で流す。トイレットペーパーで尻を

ふく行為より、水で流すことの方がある意味衛生的かもしれない・・・・・

f:id:bun00037:20191111120701j:plain

ロッコではこのような便器ばかりではない。今では洋便器の方が多くなっている。

地方のホテル(安宿は別)の客室はほとんどが洋便器になっている。

しかしモロッコでは田舎に行けば行くほど、この従来型の便器は普通にある。また、

カサブランカでも地元になじみの店でもこのような旧便器はある。

 

 

 

旅行中のホテルはどうかと言うと下の写真のトイレはよくある。

下の写真の場合は洋便器の脇にシャワーブースがある。やや安宿に多いパターン。

f:id:bun00037:20191111120725j:plain

下の写真は2~3星くらいのホテルに多いパターン。

今どきの日本人になじみのあるトイレシャワーの付いた便器はモロッコの高級ホテルに

もないと思うけど、どこかにあるのかな・・・・・?!

日本ほどの設備を期待してもないと思った方がいい! 高級ホテルはちょっとは違う!

スミマセン泊まったことないもので!!

f:id:bun00037:20191111141635j:plain

 

 

自分がモロッコについて間もない頃、モロッコのあるお宅にトイレシャワーの原型の

ようなものがあった。それは水圧を利用した銅管が便座の下に組み込まれていた。

そのお宅のトイレは洋便器でタンクは天井に近い高い所に設置してあるタイプ。

その高いタンクから便座の下に組み込まれてある銅管は便座の下にあり、バルブを

開けることにより、銅管から肛門に水が当たるようになっていた。びっくり!

水の出る感覚はビデに近い感覚だった。これこそまさにトイレシャワーの原型だった。

もともとトイレシャワーに近いものはアラブ社会にあった。それを日本式に

開発したのが現在の進化形になったのはまぎれもに事実だ。

 

 

ジブラルタル海峡 国境 難民

ロッコの国境はいろんなところにある。東側のモロッコアルジェリア

南のモロッコモーリタニア(表現は難しい)、北のモロッコとスペインがある。

ロッコアルジェリアは国交がよろしくないので問題は少ないかな??? 

その中で北にあるスペイン国境が問題のようだ。それもセウタとの国境には

モーリタニアより南にある国の人々が押し寄せているようだ。

最近でアメリカで話題になった中米の難民がアメリカを目指しているのと同じかも!

南の国とはギニアガンビア、シェラレオネなどなど西アフリカから来る若者が多い。

セウタに行き、もっと北に行くと夢の世界があると聞かされて、ひたすら北上して

セウタを目指すらしい! 南からのモロッコ入国はどのようにして通過したの

だろうか? モロッコの国境の検問はあるけど検問所から数キロ内陸に行くと

国境はあってもないような状態!! だから簡単に通過できるのかな?! 

しかしセウタにたどり着いてもセウタの国境には端から端まで鉄状網があり、

その鉄状網を乗り越えるのは大変なはず! 

 

そこで問題になるのが、モロッコの治安状態。モロッコの国境を通過したとして

カサブランカやラバトを通過しているはず。どのように通過したかは詳細がないので

不明な点が多い。彼らは何も持たずに、ひょっとしたら少しだけの食料で

来ているとしたら、窃盗の事件など起こしてもおかしくない。いくら彼らが

ロッコを最終目的でないにしても、途中でお腹がすいたり、ゆっくり寝たり、

何かを起こすことがあってもおかしくないはず・・・・?!

長距離トラックの後ろに乗って、乗り継いで行ってるとしたら問題は・・・・!

 

しかし、モロッコ人は「来るものを拒まづ」の精神がどこかにある。

困っている者がいればそれを助け、食べるものがないと言えば分け与えのような

気持ちがどこかに残っている。お互い共存しているかもしれない。セウタまで

旅をすると分かると出来ることはそれなりに助けているかもしれないかな・・・?!

 

ロッコの新聞は特にまちの治安に関しては報道していない。

セウタの国境に関して「スペイン側がモロッコの国境管理に協力を求めた」とか

「モロッコが移民に対して静観している」とかの新聞の報道はある。

 

日本ではアメリカを目指す移民や中東からの移民については報道するけど

セウタは人が少ないせいか、西アフリカという日本から遠い地域の話のためか

ほとんど報道することはない。1回くらいはあったかな?!

 

日本は島国のため移民の話がピンとこない!

陸続きになっていると何となく分かるのだろうかなーーーー???

 

 

モロッコでドローン

もちろん、ツアーや個人的な旅行で興味本位の範囲では禁止されている。

商業的な撮影目的などはっきりしているものは申請すっると許可は下りる。

詳しくは在モロッコ日本大使館のHPに記載してある。空港でドローンの所持を

見つかった時は即没収になる。間違って持ってきてしまったことを伝えて、出国時に

引き取ることにこぎ付けると持って帰ることはできるかも(インシャーラー)。

もし持ち込んで勝手に飛ばしているところを見つかると、ハシシと同じくらい大変な

ことになるかもしれない。ドローンは没収で、何日間も調べられたあげく、

帰国予定日には帰れないかも! 日本の改正航空法ほど甘くはないので要注意!

見つかった段階で役人に1000DHくらいのわいろを払うか! 

ポケットに入るドローンでも飛ばさない方がいい! google画像くらいで・・・!

 

 

ロッコでは昔から空撮に何してはなかなか厳しい。

かつてモロッコからフランスが撮影した航空写真を持ち出そうとしたことがあった。

日本で言うところの国土地医院に相当するところ。しかし手続きは複雑で、受け取る

段階で質問を受けたりしてなかなか渡してくれなかった。そこで知り合いの役人を

通して渡してもらうことにしてもらったところ簡単に渡してくれた。

その時の写真と今のgoogleの写真を比較するとgoogleの方がはるかにきれいだった。

それでもモロッコ政府としては国家の最高機密を守りたいようだ!それは今でもある。

ロッコの軍の航空基地では飛行機の機影は完全に消されている。それくらい

慎重になっているのか、近隣が気になるのか、いろいろ考えてしまう!

 

それを裏付けるおもしろい話がある。

在モロッコ日本大使館に限らず、各国大使館に武官がいる。

この武官の動きをモロッコ政府は押さえている。いろんな方法で探っている。

交通事故を起こしたりすると通報もしないのになぜかすぐに警察が来たりする。

国家のいろんな機密事項は王制の国だけあって統制があるかも! 

ちなみに在モロッコ日本大使館の武官は代々航空自衛隊の2佐位の人だったような?!

 

と言うことでモロッコでは変動きをしない方がしない方がいい!

変なところに首を突っ込んだりせずに、普通に観光しているのは全く問題ない! 

観光と考えたらモロッコはいいところだよ~~~(^^)!

 

 

 

 

 

モロッコ社会 階級社会

ロッコを旅行して階級社会を感じることがあるだろうか?

ロッコの社会はいまだに階級社会が残っているのではないだろうか?!

そこで階級社会って何? 日本で言うところの江戸時代にあった士農工商のこと?

日本の場合、士でもいろんな階級があった。最近、問題になった上級国民のことも

階級ってことになるの??そんなことはないと思いたい!

この欧州的な階級社会を解説したサイトはなかなか見つからない。階級社会と言っても

何を持って階級社会かと説明しているサイトすらない。説明しているのは上級だ中級だ

金持ちかそうでないか、家柄がいい悪いくらいの解説がほとんどだ。的を得ていない。

そこで自分がモロッコ社会で感じた職種にかかわる階級社会を説明してみたい!

 

最初にモロッコの社会に少しだけ入り込んでいった頃には確実にあった。

トップには国家元首である王様がいて、国家を上下で支えるようにその下には

宗教家、弁護士、医者などが存在するように構図が出来ていた。この階級の人たちは

各省庁の事務次官より威厳のある存在だった。各省庁の事務次官となると家系としては

ロッコではかなりいい方の家系であることは間違いない。いまでは弁護士や医者は

商業的な方向に走る人が多くなり、確実にこの構図は崩れているのではないだろうか?

 

この階層の下に薬剤師や建築家に相当する職種、

上の階層の下に各種エンジニア(土木、電気、機械関係など)、専門職、

上の階層の下に会社員など一般的にある各組織の従業員(ホワイトカラー)、

上の階層の下に工場労働者、建設現場労働者など、

これより下もいるとモロッコ人は言うけど、その地域しか教えてくれなかった。

 

ロッコへ入国する時に入国カードがある。そこにProfession(Occupation)の職業の

欄がある。その欄に日本人は会社員と言うことで「EMPLOYEE」と記入する人が

多いはず。この欄にPharmacien:薬剤師、Architect:建築家、Ingenieur:技師など

会社員でも専門があるとその職業名を記入すると反応が少し違うはず。モロッコ

職務質問を受けた時に場合によっては職業の答えをこの方法で返事したらいいかも!

 

それと、宗教家の存在はモロッコでは大きい。モロッコ人はほとんどがイスラム教徒で

イスラム教にかかわる人たちにも階層が各種ある。日本で大きなお寺や神社が

組織化されているのと同じなのかも?! 日本の場合は宗教の自由があるから

宗教家となると変な意味で受け取られるけど、イスラム教やキリスト教はなどは

それなりの職業として一般的に通用するはず。

 

おもしろいのが「建築家」という職業だ。それと日本ではありえない話であるが、

ロッコでは各省庁の事務次官級であろうが対等に物事を言いあう。日本では

「建築家」とは実に怪しい存在だし、建築家になるための教育を受けた人は

ほとんどいないはず。モロッコアラビア語では建築家のことを「建築技術者」と

表現している。日本ではこれに相当し、日本の建築教育は建築技術者そのものだ。

 

このようにモロッコでは職種が表す階級社会は日本にはない世界がある。

 

 

ミントティー モロッコ人の茶 

ロッコ人がいつでもどこでも飲むのがアッツアイ(ミントティー)。昔の日本人が

緑茶を飲むかのようにモロッコ人はアッツアイを飲む習慣がある。

このアッツアイをモロッコ人はマホカンウイスキーと言っている。なぜだろうか?!

基本的にモロッコ人はアルコールを飲めないことになっいる。それがなぜ酒である

ウイスキーなのか? ウイスキーの色に近いから? 欧米人がウイスキーを飲むかの

ようにモロッコ人はアッツアイをよく飲む。ちょっとした休憩時間、人と話をする時

などすぐにアッツアイが出てくる。 下の写真のような茶器で飲むことが多い。

f:id:bun00037:20191028222305j:plain

 上の写真のアッツアイは日本人用に用意してくれたもの。どう言うことかと言うと、

ロッコ人が通常飲むアッツアイは日本人にはとんでもなく甘い。具体的に言うと

日本人ならこのコップに対して角砂糖を2~3個入れるとして、モロッコ人の飲み方は

10~15個は確実にいれる。それ以上の時もある。だからかなり甘い!しかし、

この甘さを妥協しないのがモロッコの流儀だ。他にも作法のような流儀がある。

茶の入れ方としてコップと茶入れを引き離すように高い所からコップへアッツアイを

注ぎ込む。そこでいかに泡立たせるかがうまい入れ方かどうか決まってくる。

その前に砂糖の量によっても泡のたち方が違う! 甘くないとアッツアイではない!

確か、世界で1、2位を争うくらいの砂糖の消費量だったはず。それくらい砂糖を

使うし、消費量はかなりのモノがある。

f:id:bun00037:20191028222346j:plain

 上の写真のようにミントは常に新鮮なモノ! 朝、収穫したものを使用する。

どこの街でも中心地から遠くない場所にミント畑がある。メクネスで見たミント畑は

けっこう広くていい香りがしていた。このミントの香りがあるからこそ新鮮な

アッツアイの味も引き立つ!フレーバー差が違う! ミント畑の見学もいいかも!

 

 

そこで日本でもアッツアイをおいしく入れられないか挑戦してみた!

気になるのがアッツアイの「茶」はどんなものなのか? 中国産が多いようだ。

日本に帰ってきて、日本の緑茶でアッツアイを入れてみた。何かが違う?!

そこで緑茶でもかなり程度の落ちる番茶でアッツアイを入れるとそれなりの味がする。

 

あと日本ではミントはあまりにも種類が多くて、どれにするかで味が違う。葉っぱの

大きさとか、形を見るとスペアミントがいちばん近いような・・・・・

詳しくないのでスミマセン(^^)

 

たぶん、圧倒的に違うだろうなと思うのが砂糖の甘さではないだろうか?!

原料の違いか、製法の違いかモロッコの砂糖は日本の砂糖より甘いはず。

 

こうなるとアッツアイはやっぱりモロッコで飲むのが一番いい!